沖縄タイムス社は18日、日本ハンドボールリーグ(JHL)の琉球コラソンとオフィシャルスポンサー契約を交わした。コラソンの金城幸信代表、水野裕矢GMらが沖縄タイムス社を訪れ、上原徹取締役文化事業局長、屋宜聰執行役員読者局長との間で調印式を行った。

スポンサー契約を結んだ(右から)琉球コラソンの水野裕矢GM、金城幸信代表、沖縄タイムス社の上原徹文化事業局長、屋宜聰読者局長=沖縄タイムス社

 上原取締役は「紙面を通してコラソンを応援し、ハンドボール人口を増やしていきたい。ぜひプレーオフに進出できるよう頑張ってほしい」と激励した。金城代表は「チームの強化には、周囲の支えが不可欠。マスコミの力を借りて上位進出を狙いたい」と力を込めた。

 昨季コラソンの平均観客動員数は約1600人。水野GMは「動員を増やして、体育館の改修など行政の支援も訴えていきたい」と話した。

 リーグは10月25日に開幕する。