沖縄県内のほとんどの公立学校で19日から、夏休みがスタートする。

夏休みの宿題の説明を聞き、返事をする子どもたち=18日、那覇市・真嘉比小学校(金城健太撮影)

 2学期制の那覇市立真嘉比小学校では、朝の集会でスライドショーを見ながら1学期前半を振り返った。崎原永輝校長は自作の道具で大きなシャボン玉を作るパフォーマンスを披露し、「夏休みは、いろいろなことに挑戦してみてください」と呼び掛けた。

 子どもたちは、担任から夏休みの宿題やしおりを手渡された。3年の平良美椅浬(みいり)さん(9)は「最初の2日で宿題終わらせて、いっぱい遊ぶ!」とにっこり。仲良しの伊良波美音さん(9)は「2人で公園行って、遊ぶ計画を立ててるよ。家族で動物園にも行きたい」とうれしそうだった。

■夏祭りや花火 タイムス+プラスで特集

 沖縄タイムス社のホームページ、タイムス+プラスは19日、「沖縄の夏祭り&花火特集2014」を新たに開設した。県内イベントから厳選した37件を紹介している。アドレスは次の通り。http://www.okinawatimes.co.jp/cal/2014summer/