沖縄明治乳業(浦添市)は8日までに、新社長に常務取締役の村田紳氏(53)、副社長に常務取締役の布施康仁氏(60)を充てる人事を内定した。山城宝社長(65)と高石豊一郎副社長(62)は退任する。16日の株主総会で正式に決定する。内定は5月26日。

沖縄明治乳業の(右から)新取締役の仲田和男氏、新社長に就く村田紳氏、副社長に就く布施康仁氏、新取締役の長坂信彦氏=8日、那覇市の沖縄タイムス社

 新しい取締役は、営業本部長の仲田和男氏(46)と生産本部長の長坂信彦氏(50)が兼任する。

 村田氏は8日、沖縄タイムス社を訪れ「食の安心安全を守りながら県民の生活文化を支えたい」と抱負を語った。布施氏は、風邪やインフルエンザが流行する冬場には機能性ヨーグルトの供給が間に合わない場合もあるとして「将来的には県外だけでなく沖縄の工場でも生産できるようにしたい」と話した。