11月16日投開票の県知事選まで、4カ月を切った。現職の仲井真弘多知事と那覇市長の翁長雄志氏の出馬が有力視されているほか、政党そうぞう代表の下地幹郎代表も意欲を示している。過去の知事選と異なり、「保守対革新」の構図が崩れる初のケースとなる見通し。