ノーシードで勝ち上がってきた浦添商は、守備の乱れが響き1点差で涙をのんだ。初回、スクイズを決めわずか7球で先制。だがその裏、内野安打で追いつかれると、三、四回は守備のほつれが失点に結びついた。宮良高雅監督は「地に足がつく前に点を取られた。