糸満が1点差ゲームを制し、3年ぶりの甲子園へ一歩近づいた。力投を続けるエース赤嶺祥吾を、バットでもり立てた女房役・砂川聖主将は「頑張っている赤嶺を助けたかった」と白い歯をこぼした。 初回に1点ずつを取り合い、三回2死一、二塁で、5番砂川に打席が回った。「ランナーをかえすことだけを考えた」。