米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古の新基地建設で、防衛省は20日未明、キャンプ・シュワブ沖の施工区域を明示するためのブイやフロートなどの関連資材を陸路でシュワブ内に搬入した。

ブイなどの関連資材を積み、キャンプ・シュワブに入る大型トレーラー=20日午前2時30分すぎ、名護市辺野古(国吉聡志撮影)

 20日午前2時33分から、緑のカバーで積み荷を包んだ大型トレーラー25台が相次いでシュワブのゲートに入った。ゲート前では新基地建設に反対する男女2人のうち、男性がトレーラーを止めようと車道に飛び出し、警察官に制止された。

 防衛省は台風の進路など気象状況を見ながら、近く海上に設置する予定。海底の地質を調べるボーリング調査や実施設計をへて、本年度内にも埋め立ての本体工事に着手する方針だ。