県政野党の候補者選考委員会が11月の県知事選候補に那覇市長の翁長雄志氏(63)を一本化した。同時に基本姿勢の中で、米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古埋め立て承認に関する文言も修正したが、背景には「脱革新共闘」実現のため、保守層や経済界と結束しやすい環境を整える狙いがある。