名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は20日、海上の施工区域を明示するための浮標(ブイ)や浮具(フロート)などの資材をキャンプ・シュワブ内に搬入した。近く設置し、海上ボーリング調査に着手する。計画に反対する住民らは、埋め立て工事に向けた第一歩と位置づけ、阻止行動を展開する構えだ。