沖尚が八回の猛攻で4点を挙げて糸満を突き放し、「代表切符」を手に入れた。 七回まで糸満エースの赤嶺祥吾に、6安打1点に抑えられていた打線が、同点の八回に火を噴いた。 決勝打となったのは3番西平大樹の一撃だった。