4番から6番に降格した安里健の一振りで、沖尚が同点に追いついた。 1点を追う七回無死二塁、内角の直球をひじをたたんで左翼線へ運んだ。前の打席、2死満塁で中飛に打ち取られた悔しさを晴らす同点二塁打。「打ち取られた打席も当たりは悪くなかった。気持ちを切らさずに打席で集中できた」。