糸満の左翼手、松堂睦之の好返球に球場が沸いた。七回同点に追いつかれ、なお2死二塁のピンチ。三遊間を割った打球を、前にダッシュしながら捕球した松堂は、「三塁コーチャーが手を回すのが見えた。準備はできていた」と本塁へダイレクト送球。