海の日を迎えた21日の県内は高気圧に覆われ晴れ渡った。北谷町のアラハビーチでは、海水浴で暑さをしのぐ家族連れや若者の姿が見られた。

水遊びで暑さをしのぐ家族連れ=21日午後4時ごろ、北谷町・アラハビーチ(国吉聡志撮影)

 沖縄市高原から家族3人で来た高原小2年の田原祐太朗君(7)は「今年初めて海に入るんだ」と楽しそうに水をぱちゃぱちゃ。父親の勝之さん(41)=会社員=は「海に入ると暑さが吹っ飛びますね」と気持ちよさそうに泳いでいた。