辺野古の新基地建設に向けて沖縄防衛局が提出した海底ボーリング調査の協議書をめぐり、県議会の喜納昌春議長が県に「県議会基本条例」に基づく情報開示を初めて求めた。対する県は「県情報公開条例」を引き合いに開示を拒否、議論は平行線をたどった。