「辺野古埋め立て承認撤回!-沖縄の未来は沖縄が決める-」と題した講演会が21日、那覇市の教育福祉会館であった。講師を務めた稲嶺進名護市長と島袋純琉球大教授は沖縄に基地が集中する現状を、世界への情報発信や住民ぐるみの運動で打破していく必要性を訴えた。