古堅が要所で勝負強さを発揮した。同地区のライバル、読谷に二回に2点を先制されたその裏に、5安打を集めて一挙5点で逆転。4点差をつけて迎えた7回に読谷の反撃に遭って3点を返されたが、後続を断って逃げ切った。1点差の勝利に、川畑久監督は「選手たちがよく抑えてくれた」と、攻守とも良い流れを展開した選手たちをねぎらった。

女子決勝 読谷-古堅 2回裏古堅1死二、三塁、小橋川聖奈の中前適時打で二走の平良幸花が生還し逆転=読谷村多目的広場(国吉聡志撮影)

 3年生たちに交じり、少年野球出身で唯一の1年生レギュラーの2番上地陽代乃は、2安打で、三塁の守備もそつなくこなして存在感を発揮した。「『エラーしたらどうしよう』と不安だったけど、3年生たちが『カバーするから大丈夫』と言ってくれて、自分らしいプレーができた」と喜んだ。

 二回に逆転打を放ってエース久本美波を助けた1番小橋川聖奈は「本当にチームが一つになって勝った感じがした。みんなが全国制覇という同じ目標に向かっているから、このチームが大好き」と笑顔で振り返った。(當山学)