男子与勝は初回に4番大城琉輝、二回に2番金城諒洋がともに3点本塁打を放って、二回までに6-0とあげなの出ばなをくじいた。その後はあげなが乱れ、10-3の五回コールドと圧倒して3月の九州選抜優勝の実力を示した。

男子決勝 あげな-与勝 1回裏与勝1死二、三塁、大城琉輝が左越えにランニングホームランを放つ=読谷村運動広場

 「あげなは先制すると乗ってくるから、最初でつぶしておきたかった」と先制本塁打の大城。「前回の対戦では相手の四球とかで勝ったけど、今回は自分たちで打って勝てた」とチーム全体で成長した打力に自信をつけた様子だった。