米軍普天間飛行場のオスプレイの暫定的な佐賀空港の利用検討を防衛省が打ち出したことで、これまでさまざまな理由を付けて政府が否定してきた沖縄県外での運用が事実上できる、との認識を示したことになる。