沖縄県農業研究センターは22日、サクサクとした食感に特徴がある黒糖製品を開発したと発表した。黒糖の内部に細かい空気の隙間をつくる製造技術を確立し、従来の堅い食感とは違った新感覚を実現した。県は黒糖の食べ方の提案を通して、需要を開拓するとともに一層の消費拡大につなげたい考え。

県農業研究センターが製造技術の特許出願を申請した新食感黒糖=22日、県農林水産部

 県産黒糖は原料のサトウキビ生産が豊作の時に在庫が発生する傾向にあり、新商品の開発が求められている。県が実施した黒糖に関するアンケートで、本土では菓子としての印象が薄い、との結果を得た。チョコレートでは「エアインチョコ」や「生チョコ」など「食感」に特徴を持たせた商品に着目し、新食感黒糖の開発に取り組んだ。 

 製造法は極めてシンプル。サトウキビの汁を煮詰め、型に流し込んだ後、最後の工程で減圧しながら膨らませて固めることで空気を含ませ、サクサクとした軽い食感を作り出す。

 新食感黒糖は、密度が従来の約6割で強度は約6分の1、水に溶ける時間も約3分の1に短縮する。流し込む型の形状や膨らます程度によって形・食感を調整することは可能で、県は「さまざまな製品へ応用でき、黒糖の新商品開発を推進することが期待される」としている。

 確立した製造技術(気泡含有黒糖とその製造方法)は5月に特許出願済み。県は今後、企業を募り、具体的な商品化を進めたい考え。

 問い合わせは県農業研究センター、電話098(840)8512。