【竹富】川満栄長竹富町長は23日、町役場で記者会見し、「職務を継続する」と述べ、町議会との対立から示していた辞任の意向を撤回した。

川満栄長町長

 議会多数を占める野党側が、製糖工場建設時の行政ミスを問題視して百条委員会を設置する考えを突き付けたため、一時は、川満町長が辞意を伝えていた。

 川満町長は会見で「百条委員会は町内では例がなく、町政に大きな影響があるなら辞職も一つの選択肢としていた。辞めると断言していない」と弁明した。

 辞意の報道後、町民から不正を疑う声が寄せられたため、「悪いことはしていない。各方面の専門家や支援者に相談し、議会に説明し、責任を全うするのがベストに近いベターだと判断した」と辞意撤回の理由を述べた。

 一方、野党議員の1人は「町長から辞表を預かっていたが撤回されたので、百条委員会の設置に向けて検討を始める」と述べた。