【うるま】子どもたちに手作りの喜びを知ってもらう「第27回親子ふれあい手作り広場」(主催・沖縄タイムス社、八重山毎日新聞社、宮古毎日新聞社)が24日、うるま市江洲のメイクマン具志川店であった。約360人の親子連れが参加し、カンカラ三線や折り畳みいすを作って楽しんだ。

しっくいシーサーの貯金箱を作る親子=うるま市・メイクマン具志川店

 しっくいのシーサー貯金箱を作った比屋根瀬梨さん(8)=越来小3年=、愛梨さん(6)=同1年=姉妹は「夏休みの工作の宿題で提出するから、かわいい顔のシーサーを作る」と真剣な表情でしっくいを丸めていた。

 瀬梨さんは「出来上がったら一番にお父さんにみせて、自慢したい」と笑顔をのぞかせた。

 ふれあい手作り広場は、25日にメイクマン豊見城店で、26日に浦添本店でも開かれる。