女子団体は、県新人覇者の沖縄東が潮平を3-1で下し2連覇を飾った。単全勝と貢献した国吉莉湖主将は「先輩たちに比べ弱いと言われないよう、連覇を目標にしてきた。達成できてよかった」とほっとした表情で優勝旗を受け取った。 植村義宣監督が「飛び抜けた選手はいない。粘りが強み」と評するチーム。