美東が圧倒的な投手力で6年ぶりの優勝を飾った。いずれも最速140キロ近い3投手で、全5試合でわずか延長特別ルールの1失点。決勝ではエース安里海が三塁を踏ませず、被安打3の無失点完封で金城の上原麗男に投げ勝った。 前日の準決勝も完封し、今大会無失点で切り抜けた安里は「打たせて取る投球を心掛けた。