民謡歌手の堀内加奈子さんが主催する「第4回女川おきなわ祭り」が26日、宮城県女川町のコンテナ商店街である。初参加の中学・高校生エイサー獅子舞チーム「KIZUNA」の11人は「被災地にエイサーで元気を分けたい」と、声を弾ませた。

「エイサーで元気づけたい」と本番を楽しみにするKIZUNAのメンバー=23日、那覇市

 KIZUNAは中南部のイベントや披露宴で活動しているが、被災地での公演は初。話があった昨年から旅費を積み立ててきた。団長の小橋川円さん(19)は「東日本大震災から3年以上がたつ。町が復興しているのか、どう生活しているのか、しっかり見てきたい」と話した。獅子舞を演じる瑞慶覧義人さん(15)は「女川獅子舞と共演もある。両者の違いを見てもらいたい」と意気込んだ。

 玉城流珠玉の会や宮城本流優香の会、上地流空手道協会など約40人で祭りを盛り上げる。問い合わせは堀内さん、電話070(5699)8416。