【沖縄】世界の舞台芸術を紹介する「2014国際児童・青少年演劇フェスティバルおきなわ」(主催・エーシーオー沖縄など、共催・沖縄タイムス社、琉球放送など)が26日、沖縄市と東京で始まった。

ロボットのパントマイムで会場を沸かせた「ケンとヒロとおかしな泥棒」=26日午前、沖縄市中央・まちなかセンター公民館

 沖縄市で開幕を飾ったファンタジックコメディー大道芸「ケンとヒロとおかしな泥棒」は、県内で活躍する大道芸人のけんぢさん、たまんちゅさん、つばささんが出演。ジャグリングやパントマイムなど大道芸らしい見せ場などで、小さな子どもから大人まで楽しませた。

 劇中で作ったバルーンの剣をもらった宮城慧也ちゃん(4)=沖縄市=は「楽しかった。高い一輪車に乗って棒を投げたりして、すごかった。剣は持って帰る」と喜んでいた。

 フェスティバルは、沖縄市内5会場では29日まで。31日から那覇・浦添市に舞台を移し、県立博物館・美術館など12会場で8月3日まで開かれる。東京は27日まで。