沖縄にのしかかる日米安保の負担を頭では理解するが、いざわが身に降りかかると…。そんな困惑が佐賀県で広がる。名護市辺野古の代替施設が完成するまで米軍普天間飛行場オスプレイの佐賀空港移転を暫定的に受け入れてほしい。政府は佐賀県にそう求めた。安倍晋三政権が仲井真弘多知事に約束した負担軽減の第1弾だ。