サッカーJ3で9位のFC琉球は、27日午後3時から、沖縄市陸上競技場で4位のガイナーレ鳥取と対戦する。

琉球の正GKの座を争う高野純一(左)と笠原淳=南風原町黄金森公園陸上競技場(花城克俊撮影)

 13日の天皇杯2回戦で、J2で首位を独走する湘南ベルマーレと延長にもつれる好勝負を演じ、J3後半初戦の20日の福島ユナイテッドFC戦は、追い付いて引き分けに持ち込むなど、攻撃力は上向きだ。

 不安材料は守り。湘南戦で正GK田中賢治が右手を骨折し、戦線離脱した。コーチ兼務のベテランは、「若い2人に期待したい」と笠原淳と高野純一の大卒ルーキーに後を託す。

 前節で9試合ぶりにスタメン出場した笠原は、「しっかり結果を残したい」とレギュラーどりを狙う。4月20日以来のリーグ戦出場を目指す高野も、「積極的に声を出してしっかり守りたい」と首脳陣にアピールする。

 田中不在の琉球ゴールを守るのは誰か。新人同士の争いにも注目だ。