【名護】米軍普天間飛行場返還に伴う新基地建設で、27日午前8時ごろから予定地の名護市辺野古崎北側で始まった浮桟橋の設置は、午後3時半に初日の作業を終了、海上部分に幅約1・8メートル、長さ約70メートルの桟橋1本が完成し、海上保安庁のゴムボート4隻、小型船舶1隻が係留された。

米軍キャンプ・シュワブ北側の砂浜に浮桟橋を設置、海上保安庁の小型船やゴムボートを係留した=27日、午後3時25分ごろ、名護市辺野古崎北側

 桟橋の設置は、沖縄防衛局による埋め立て工事に伴う作業の一環で、建設に反対する市民らの抗議行動を阻止するための浮標(ブイ)設置に向けた準備とみられる。

 同日午前8時ごろから、約1・8メートル四方の正方形の青い資材を砂浜でクレーンでつるし上げて次々つなぎ、沖に向かって延ばした。午前中には海上に浮かべ終わり、午後は桟橋が動かないよう固定する作業を行ったとみられる。

 作業現場の近くでは海上保安庁のゴムボートや小型船舶など12隻が常時監視し、市民らを乗せた船やカヌーが近づくと何度も警告。午前10時すぎには、北側沖で建設に反対する市民らが乗った一人乗りのカヌー2隻が海上保安庁のゴムボートにけん引され、辺野古漁港で事情聴取された。

 第11管区海上保安本部は同日、市民らのカヌー2隻を一時拘束したことについて「逮捕ではなく、安全指導をした」とした回答した。

 一方、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では、午前8時から埋め立てに反対する市民が抗議集会を開き、何度もシュプレヒコールで基地反対を訴えた。沖縄平和運動センターの山城博治議長は「われわれの戦いは正念場を迎えている。海上と一体となって頑張っていこう」とアピール。

 稲嶺進名護市長も午後から宜野湾市で開かれた「沖縄建白書の実現を目指し未来を拓(ひら)く島ぐるみ会議」の結成大会に向かう途中、ゲート前を訪れ「結成大会の場で、多くの人にぜひ辺野古の運動にも足を運んでほしいと呼びかけてきます」とメンバーを激励、拍手を送られた。