【那覇】旧暦七夕の2日、壺屋やちむん通りで「浴衣で楽しむ夏祭り」(主催・同通り会)が開かれる。壺屋焼物博物館前のステージで民謡などのライブ(午前11時~午後5時)があるほか、ミュージシャンたちが通りの店などでリクエストに応える。

 浴衣(和装)で訪れると先着500人にオリジナルのてぬぐいがもらえる。また地元ガイドが無料で裏路地や工房、拝所などを案内する。

 通り会班長の新垣美佐さん(37)は「風情ある通りをゆっくり歩いて、やちむんを見ながら音楽も楽しんでほしい」と来場を呼び掛けている。