【伊江】伊江村立伊江小学校(山城祐市校長)と西小学校(佐次田誠校長)の6年生43人は17日、大口海岸の浮桟橋からタマン(ハマフエフキ)の稚魚約3千匹を放流した。離島漁業再生事業の一環で、伊江漁協(八前隆一組合長)が主催した。放流は5年前から続いている。

一斉にタマンの稚魚を放流する児童=17日、伊江村川平の大口海岸

 タマンの稚魚は県栽培漁業センター(本部町)で、体長およそ30~40ミリまで育てられたもの。児童は稚魚の入った容器を持ち、数人ずつ桟橋の脇に並んで「大きくなあれ」と一斉に海に放流した。

 八前組合長は「タマンの稚魚が卵を産めるようになるまでには3年かかる。みなさんが放流した稚魚が成魚になるのはたった1割程度」と説明した。

 西小の知念沙若さんは「稚魚放流は初めて。貴重な体験ができた」と喜んだ。将来の夢は漁師という伊江小の島袋生飛君は「とてもいい勉強になった。今日僕が放った魚は、将来きっと僕が釣ってみせる」と宣言し、参加者の笑いを誘った。(屋嘉比りさ通信員)