【東】米軍北部訓練場の一部返還に伴う東村高江周辺へのヘリコプター着陸帯移設工事を進める沖縄防衛局は29日、村高江のN4-2地区の工事がすべて終わり2カ所目が完成した、と明らかにした。米側への引き渡し時期は未定としている。

 完成日は28日で、防衛局は「移設工事が完成した。基地負担を軽減するため、北部訓練場の過半の返還の早期実現に向け、引き続き最大限努力していく」としている。

 着陸帯の利用開始は、日米合同委員会の引き渡し手続き終了後。防衛局は引き渡し時期は未定としているが、返還の条件となっている全6カ所の完成を待たず、先行的に引き渡される可能性も出ている。