【東京】総務省は、衛星から得る位置や地図などの地理空間情報(G空間情報)の利活用を目指す実証事業の委託先に久米島町を選んだ。町は11月にもソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)と衛星情報を組み合わせた観光情報や災害情報を発信する新たなモデルづくりを始める。決定は18日付。