気象庁によると、大型の台風12号は31日午前9時現在、那覇市の南南西約210キロを時速約20キロで北西に進んでいる。風速25メートル以上の暴風域はない。沖縄本島地方では、8月1日正午までの24時間雨量が250ミリとなる見込み。

 沖縄気象台によると、12号の特徴は“雨台風”で、本島地方では、断続的に雨が降り、強風域を抜けても、雨雲の影響があると予想している。浸水や河川の増水、土砂災害に注意を呼び掛けている。

 今後、発達しながら北上して進み、最接近は、大東島地方で31日夕方、宮古島地方が同日夜の始め、沖縄本島中南部と石垣島地方は同日夜遅く、本島北部と久米島、与那国島が1日未明になると予想。

 強風域を抜けるのは、本島北部で8月2日午後、本島中南部と久米島が2日朝から昼前、大東島・石垣島地方は1日昼すぎから夕方、宮古島地方は1日夜の予想。

 中心の気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は20メートルで中心の北東側700キロ以内と南西側500キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。