【南関東総体取材班】全国高校総合体育大会「南関東総体」は31日、先行開催競技が行われ、県勢は陸上とソフトテニスに出場した。

女子走り高跳び予選 1メートル65をクリアする那覇西の徳本鈴奈=山梨中銀スタジアム(伊藤桃子撮影)

 陸上女子走り高跳びの徳本鈴奈(那覇西)は予選1メートル65で決勝進出を逃した。男子400メートル障害の﨑本和誠(那覇西)は予選54秒40の組4位で敗退した。

 ソフトテニス男子個人で喜瀬和紀・宮里政耶組(名護)が初戦2回戦で愛知のペアを4-1、3回戦で島根のペアを4-2で破り、4回戦に進んだ。

 1日は東京の味の素スタジアムで総合開会式があり、2日から東京、千葉、神奈川、山梨の4都県で本格的に競技が始まる。1日、県勢は陸上とソフトテニスの2競技に出場する。