沖縄電力が31日発表した2015年3月期第1四半期の連結決算は、燃料費の変動を電気料金に反映させる燃料費調整制度の影響で売上高が伸びたものの、太陽光発電の買い取り量が増えるなど経費が増加し、2年連続の増収減益となった。 売上高は前年同期比5・5%増の418億9300万円。