那覇青果物卸商事業協同組合(那覇市)は2日、旧盆用のバナナやパインなどをフィリピンから輸入した。税関検査などを経て4日にも沖縄県内全域のスーパー店頭で並ぶ。

旧盆用バナナをPRする那覇青果事業第一部の長松九一郎部長=2日、那覇市港町の同青果

 バナナは前年並みの1万6500ケース、約214トンが入荷した。台風の影響で県産が品薄なことからパインとモンキーバナナは多めの数量を確保した。 

 那覇青果の長松九一郎さんは「輸入先のミンダナオ島で不安定な天候が続き苦労したが、産地の協力で希望通りの数量を確保し、沖縄に持ってくることができた」とほっとしていた。