高校の部は1年生の新垣比菜が2アンダーで首位発進し、中学の部から通じて3連覇へ好発進した。 昨年優勝を争った同級生の富本虎希と同組。ショット、パットとも好調で前半の4バーディーでライバルから主導権を奪ったが、後半17番でグリーンオーバーから寄らず、18番では50センチを外して連続ボギー。