「知念勇斗(豊見城)を超えれば上位にいける」。62キロ級の幸地芳(南部工)はライバルを警戒しながら、得意のスナッチ1本目98キロ、3本目で100キロを成功させて2位に入り、上々の立ち上がりを見せた。「スナッチは軽くいけた」と余裕もあった。