初戦の2回戦に臨んだ男子沖尚は、格上の神戸国際大付属(兵庫)に0-3で敗れた。 「神戸が一枚も二枚も上」(新垣琢也監督)で苦戦が予想されていた。先鋒の主将、比嘉竜希はチャンスをつくれず2回の指導を受け敗退し、次鋒・照屋祐もけさ固めで一本負け。比嘉は「緊張して、攻められなかった。