乱れても崩れなかった。 新垣比菜は1番の第1打でいきなりシャンクするなどショットが不調で、隣のホールに打ち込むこと2度。「どんなゴルフになるのか分からなかった」が、悪くてもダブルボギーはたたかず、要所でピンそばなどスーパーショットを連発してまとめた。