69キロ級で頭一つ抜けた実力者の宮本昌典(沖縄工)がトータル272キロで、2位に23キロ差をつける圧倒的勝利を飾った。 今年の九州総体ではスナッチ126キロを挙げ、日本高校新記録を樹立した。残るジャーク、トータルでも更新を狙ったが果たせず、「大記録」達成は次回へ持ち越しとなった。