非常に強い台風11号は4日正午現在、フィリピンの東海上にあり、時速15キロで西北西に進んでいる。中心気圧は930ヘクトパスカルと少し弱まったが、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速70メートルと依然として強い勢力を保っている。中心から150キロ以内は風速25メートル以上の暴風域、中心の南側440キロと北側370キロは強風域となっている。

4日正午現在の台風11号経路図(気象庁ホームページから)

 気象庁によると、台風は勢力を維持しながら北上し、6日午前9時には沖縄の南に、7日午前9時には南大東島の近海に接近する見込み。【タイムス+プラス編集部】