非常に強い台風11号は5日午前0時現在、フィリピンの東海上にあり、勢力を保ちながら時速15キロで北北西に進んでいる。中心気圧945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速45メートル、最大瞬間風速60メートルで、中心から150キロが暴風域。

台風11号 4日18時現在

 沖縄気象台によると7日に、本島地方と大東島地方で暴風になる可能性があり、最接近は7日昼すぎの見通し。

 台風が今後予報通りの進路を進めば、先島諸島が暴風になる可能性は低いと予想している。

 気象台は沖縄本島地方や大東島地方で、6日から次第に雨や風が強くなり、沖縄地方の海上や海岸付近で波が高くなるとして注意を呼び掛けている。