普天間飛行場の代替施設建設工事をめぐり、沖縄防衛局が県に工程の変更申請をした場合、9・5年とされる工期の遅れは避けられない。仲井真弘多知事は現行の工期でさえ「時間がかかりすぎる」と指摘しており、工期が10年以上に延びれば、移設計画そのものへの批判も再燃しそうだ。