琉球銀行(金城棟啓頭取)は4日、琉球大学産学官連携推進機構(仲座栄三機構長)と連携協定を結んだ。琉大が持つ研究成果を市場で活用できるよう琉銀の取引企業に紹介するほか、琉大生のインターンシップ(就業体験)受け入れや講師派遣なども実施する。

連携協定を結んだ琉銀の金城頭取(左)と琉大の仲座機構長=4日、那覇市・琉銀本店

 すでに農林水産業と製造業の企業を琉大に紹介し、商品の科学分析や研究成果を生かした製品開発に着手。同日、琉銀本店であった調印式で金城頭取は「橋渡し役だけでなく、資金ニーズが生まれれば融資の相談にも応じたり、商談会の開催などで売り上げ向上なども支援し、企業の発展に貢献したい」と一貫した支援に取り組む考えを強調した。

 仲座機構長は「琉球銀行と協力して、大学の研究成果をさらに発展させたい」と述べた。

 企業の経営課題を解決するため、琉大の研究成果を活用する。外国人留学生の就職支援や、大学の寄付講座への行員派遣なども実施する。