琉球泡盛の世界遺産登録に向けて学者や泡盛関係者らで組織する準備委員会が4日発足し、民間レベルの取り組みが始まった。泡盛の黒麹菌やラフテー、豆腐ようなど泡盛と関係が深い食文化を軸に県民を巻き込みながら登録を目指す。