強い台風11号は5日午後9時現在、南大東島の南南西約570キロにあり、時速15キロで大東島地方に進んでいる。7日未明から明け方にかけて大東島地方が暴風域に入る見込み。沖縄気象台は、今後西寄りに進んだ場合、7日以降に本島地方も暴風域に入る可能性があるとして、台風の動きに注意を呼び掛けている。

台風11号 5日21時現在

 強風域は大東島地方が6日夕方に、本島が7日朝から昼前に、久米島は夜に入る見込み。気象台は台風の南側にある発達した雨雲が、沖縄地方に接近する7日以降、大雨をもたらすおそれがあるとみている。6日に予想される最大瞬間風速は大東島地方が30メートル、沖縄本島地方が25メートル。

 台風の中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径150キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、中心の南側440キロ以内と北側330キロ以内は強風域となっている。