【南関東総体取材班】全国高校総合体育大会第5日の5日、県勢は11競技に出場した。ボクシングのライトウエルター級平仲信裕(南部農)は準々決勝で、森下泰尊(千葉・習志野)をTKOで下し4強。ライトフライ級大湾硫斗(美来工)とライト級仲里周磨(中部商)は判定で敗退した。ハンドボール男子興南は準々決勝で香川中央に46-18で大勝し4強進出。6日、決勝進出を懸け法政二(神奈川)と準決勝を戦う。

ライトウエルター級準々決勝 3回、TKO勝ちを決める連打を打ち込む南部農林の平仲信裕(右)=神奈川県・茅ヶ崎市総合体育館(松田興平撮影)

 バスケットボール男子小禄は準々決勝で、明成(宮城)に59-87で敗れた。柔道女子48キロ級の金城有里(沖尚)は8強だった。レスリング男子66キロ級の島袋慶生(浦添工)は準々決勝で敗れた。公開競技の女子56キロ級屋比久すずは準優勝。

 テニス女子複の大嶺真緒・楚南美波組(沖尚)は3回戦で敗れ16強だった。

 重量挙げの学校対抗で豊見城が3位に入った。

 相撲個人で幸地佑大(中部農)が決勝トーナメントに進んだ。

 6日、県勢は7競技に出場する。