粘り強いプレーで勝ち上がってきた小禄は、準々決勝で明成(宮城)と対戦したが、強豪相手に59-87で敗れ、ベスト4進出は果たせなかった。 ここまでの試合は全て5点差以内の接戦を制してきた小禄。嘉陽宗紀監督は「疲れを一番懸念していたが、やはりシュートに影響した」と振り返る。