不動産賃貸業のUCHI(沖縄市)は、沖縄市古謝に生鮮食料品を取り扱うスーパーやドラッグストアなどが入居するショッピングセンター(SC)を建設する。近隣の既存店から移転し、拡張する「ユニオン泡瀬店」を中核に飲食関連を含め最大10店舗のテナントが入る。すでに6月から着工し、全体の開業予定を2015年3月末に設定する一方、「ユニオン」は今年11月上旬に先行開業する。

沖縄市古謝複合SC(仮称)の完成予想図

沖縄市古謝複合SC(仮称)の場所

沖縄市古謝複合SC(仮称)の完成予想図 沖縄市古謝複合SC(仮称)の場所

 複合施設の名称は「沖縄市古謝複合SC(仮称)」。UCHIが所有する敷地に建設し、面積は9993平方メートル。店舗はすべて平屋の鉄骨造りで、総延べ床面積は3740平方メートル。A~D棟の四つの店舗区画を設定し、うち最大店舗のユニオンはA棟の1447平方メートルに入居する。

 駐車場はすべて屋外の平面型で185台分を確保した。

 UCHIが建設・運営し、大和リースが設計・施工、テナント誘致を手掛ける。SC全体の売り上げは店舗全体(A~D棟)で年間27億円程度を見込んでいる。

 道を挟んで西側に所有する別の跡地では将来2期計画の予定がある。1期計画とは差別化を図り、食品や生活品の「日常型」に対して、書店や衣料など専門店からなる「滞在型」店舗を想定している。着工時期などは未定だが16年春の開業を目指す。

 古謝複合SC(1期)については現在、テナント区画の入居を募集している。

 問い合わせは大和リース沖縄営業所、電話098(863)0767。